• YouTube
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • TikTok
note_kv.jpg

マインドセットとしての「グラウンディング」 〜「いまここ」はなぜ大事?


みなさんは、習慣的に運動をしていますか?健康のためとか、美容のためとか、何かの目標を持ってストイックに運動を続けることは素晴らしいことです。

でも、未来の自分が理想的な状態になることだけを目指して運動をはじめても、いまが楽しくなければ、それを継続していくことはなかなか難しいのではないでしょうか。


その一方で、いまという瞬間にその運動を楽しめる方法を見つけてしまえば、それは継続的な習慣となって、最適な結果は後から自然とついてくることが多いです。


たとえば、わりとすぐにジム通いを挫折した経験のある、意志が弱めの私が、唯一ダンスだけは続けられているのは、自分の意識と身体の全体が、踊っている瞬間を純粋に楽しんでいるからだと思います。


現在の時間・空間、つまり「いまここ」にいる自分自身にフォーカスを当てて、めいっぱいそれを楽しむことができれば、自然に未来の可能性が開けてくる。


今回のテーマである「グラウンディング」は、ヨガのワークなどでも言及される考え方ですが、それはまさに、「いまここ」に身体を持って生きている自分自身の可能性を、最大限引き出していくために大切なテクニックです。

・「グラウンディング」って?



「グラウンディング」(grounding)という言葉を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。


直訳すると、地面にしっかりと根付く、という意味。


スピリチュアルの領域において、とても重要な考え方とされています。


私たちはこの世界に肉体を持って、毎日を生きている。


しかし、この「グラウンディング」の感覚、つまり「いまここ」に自分が存在しているという認識が、いつのまにか揺らぎ、ぼやけてしまうことがあります。


過去の嫌な記憶をずっと引きずったり、逆に昔の栄光や幸せの感覚に浸りすぎて、現実の生活に影響が出てしまう状態。


または、未来予想(それがネガティブなものであっても、ポジティブなものであっても)に振り回され、まだ起こってもいない出来事に気をとられて、今に集中できない状態。


つまり、過去や未来に意識がとらわれすぎて、「いまここ」にいる自分自身が持っているポテンシャルを有効に発揮できないのが、「グラウンディング」が外れている状態だと言えます。


過去の自分はこうだった、または、未来の自分はこうなるはずだ、という強い自己規定は、現在の自分自身を縛りつけて、それ以外の可能性を封じ込めてしまいます。


「グラウンディング」の感覚、つまり自分が「いまここ」に生きている、という感覚を忘れないことによって、自分自身が持っているポテンシャルを有効に発揮し、毎日をもっと楽しむことができるようになるのです。



・「グラウンディング」は、「良く生きる」ことじゃない



ただし、ここで注意したいことがあります。


「グラウンディング」が外れている、という表現は、現実的で堅実な生き方ができていない人を批判するものではない、ということです。


日本語には、「地に足をつける」という言葉がありますね。


「グラウンディング」とは、私たちが住んでいるこの地球の大地とつながることである、としばしば説明されるために、「グラウンディング」=「地に足をつける」ことであると理解している人は少なくありません。


もちろん文字通りの意味で解釈すれば、その理解は正しいのですが、「地に足をつける」という言葉が、「しっかり、正しく、良く生きる」というイメージと強く結びついているところが、少し厄介なところです。

つまり「グラウンディング」は、社会における常識や規範、周囲から認められるルート、いわゆる「普通」の生活に自分を当てはめていくことのように捉えられがちなのです。


特にスピリチュアルに関心を持つ方のなかには、このような理解のもとに、「グラウンディング」を苦手に感じたり、それを一般的な社会生活に適応していくために必要な義務だと考えている方もいるのではないでしょうか。

でも「グラウンディング」は、既存のルールにのっとって、「しっかり、正しく、良く生きる」ことではありません。


外部的な良し悪しのジャッジに自分自身を当てはめていくことは、実は、「グラウンディング」とは反対の行為なのです。


なぜなら、すでに構築された三次元的な規範に意識がとらわれすぎてしまうと、結果的に「いまここ」にいる自分を見失い、その可能性を狭めてしまうことになるからです。


「グラウンディング」は、「いまここ」にいる自分自身のあり方に集中することで、過去・現在・未来すべてを、可能性の海に開いていくことです。


このようなマインドセットとしての「グラウンディング」から得られる、意識・身体両方の自由な感覚こそ、この「風の時代」において、私たちがより充実した毎日を送っていくために、重要なものなのです。

次回の投稿では、「グラウンディング」をより深く理解していただけるよう、過去・現在・未来という時間性の捉え方について、そして「いまここ」にフォーカスを当てていくためのマインドセットの方法について、詳しくお話ししていきます!