• YouTube
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • TikTok
note_kv.jpg

「風の時代」における気づき

2020年12月、この地球は、それまでの「地の時代」から「風の時代」へと移行したとされます。

物質的な財産の所有や利益の追求、強い組織性にではなく、目に見えない流動的なものに対しての関心が強まっていくのが、「風の時代」の特徴だと言われています。



もっとスピリチュアル的な言葉づかいで言えば。


この時代の推移は、人間が三次元的(物質的)な意識から、より高次元的な意識への「目覚め」を経験し、次元上昇=「アセンション」と呼ばれる状態へ向かうプロセスに重なり合うものです。






・「アセンション」という言葉をめぐる誤解




「目覚め」、そして「アセンション」という言葉の定義はとても曖昧ですし、場合によっては、そこに神秘主義的・宗教的な色がつきすぎていることもあるように思います。

              

時にそれが、絶対的な神や救世主のような、自分よりも圧倒的に優れた外部的存在への信仰心の表れと混同されていたり。


あるいは、様々な現世利益的な俗っぽい欲望をすべて削ぎ落として、解脱した修行僧のようになることと捉えられていたり。


また、自分自身が何も積極的に行動しなくても、ただ待ってさえいれば自動的に幸せな世界が目の前に到来するのだという、ユートピア思想と紐づいて受け取られていることも少なくありません。





・「アセンション」の鍵は一人一人に





けれど、ここで主張したいのは、「アセンション」のプロセスは、あくまで私たちの手に委ねられているものだということです。


それは、目指すべき規範として外部から押し付けられるものでも、甘くて美味しいご褒美として与えられるものでもありません。


それが重要であるのは、私たち自身が、私たちが生きるこの世界において、より充実した毎日を送っていくためのきっかけとなるからこそなのです。     


言いかえればそれは、自分自身が潜在的に持っている、無限の可能性の発見です。


それによって私たちは、物質的な三次元世界に限定された思考から解放され、より自由で軽やかな生き方を選択することができるようになります。


「アセンション」とは、私たち一人一人が宇宙そのものだという感覚、つまり個でありながら他者と繋がり合い、宇宙という大きなネットワークのなかで生きていることへの気づきというシンプルな出来事なのです。


私たちがいま生きている「風の時代」は、まさにその気づきが生じやすくなっている時代。


ここで言う意味での「アセンション」のためのボーナスステージなのです。